日常をもっとスムーズに送ることをサポートする家事情報サイト

シンク下の収納を便利で使いやすくする方法

シンク下にデッドスペースを作らない工夫

シンク下収納はデッドスペースが生じやすい

シンク下とは狭義にはキッチンのシンク台の下にある空きスペースを指すものの、広義にはシンク台に調理台下やコンロ下といった空きスペースを加えた、キッチン下の空スペース総称であり、シンク下収納はキッチン下全般の収納利用可能な空きスペースと考えることができます。

このシンク下収納は大抵の一般家庭において収納スペースの一環として認識されており、実際に収納スペースとして使われていますが、シンク下には水道がコンロ下にはガス栓が、といった具合に単純な収納空間としての妨げになる空間的要因や、水道がある関係上湿気が溜まりやすいシンク下などの環境的要因もあって、中々フルに活用することが難しく、デッドスペースが生じやすい収納です。

はじめに決めたいシンク下収納の使い道

水道やガス栓が入り組む空間的な要因や湿気の溜まりやすい環境的な要因もありますが、シンク下収納は日常的な利用回数の多さもあってか、利便性の面から収納したいものが多い収納であることから、調理器具に留まらず、キッチン周りの掃除用具をはじめ様々なものが収納される傾向が見られ、キッチンを普段使いする人にとっては使いやすくとも、客観的には使いづらい収納が行われたり、キッチンを普段使いする人にとってさえ使いにくい収納が行われたりするなど、整理された収納が行われにくい収納空間と言えるかもしれません。

シンク下にものを収納する際にはテーマを事前に設定し、調理器具・キッチン掃除用具といったキッチンとの親和性の高いものから一つないし二つをテーマに選んだり、シンク下・調理台下・コンロ下のそれぞれで収納するものを決めたりして、使い道をある程度明確化してしまいましょう。


この記事をシェアする